それ知ってて口に入れてる?

それ知ってて口に入れてる?

大学生が学びながら食と産業を結ぶ情報発信。身近なものからそうじゃないものまで、、、を書く予定の雑記

いかついカナダのおばちゃんと友達になった話

スポンサーリンク

f:id:sansyokuu:20161102232450p:plain

 

カナダ人はみんなすごいフレンドリーです

 

 

信号待ちしていると「今日はいい天気だね」っと話しかけてくるし

買い物をしていると「どっちの卵の方が新鮮だと思う?」っと聞いてきます

 

 

 

バスの中、電車の中、カフェの中、図書館の中

問答無用、どこも構わず話しかけてきます

 

 

 

 

 

そう。スターバックスであろうと

 

 

おばちゃんとの出会い

僕が初めてこのおばちゃんを目にしたのは2か月前

 

フラっと入ったスターバックスで勉強していた時の話です

 

 

 

 

ガタガタと音を立て

肩からめちゃめちゃ大きいバッグを背負い

土木作業員の様な恰好で入店してきました

 

姿勢は前傾姿勢でエヴァンゲリオン初号機みたい

f:id:sansyokuu:20161103022457j:plain

( 引用元:EVANGELION初号機(エヴァンゲリオン)-きたさんち- )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこのおばちゃん背が低めなのでこんな感じ

f:id:sansyokuu:20161103023447j:plain

 (引用元:EVANGELION初号機(エヴァンゲリオン)-きたさんち- )

 

すると声高らかに店員に話かけ

コーヒーを注文する

 

 

僕は直感でこう思いました

 

 

 

 

 

「ああ、けっこうやばい人だ」

 

 

 

これは偏見以外のなにものでもありません、反省しています

(のちに友達になるので)

 

 

まあ、ともあれ初見の印象はやばい人でした完全に

 

 

友達になる経緯

そして時を二か月して事件が起きます

 

僕がまた同じように勉強していた時

僕の前にもMacbookを広げて作業をしている女の人がいました

自転車で来たのか脇にヘルメットを置いていました

(カナダでは自転車移動する人が結構多いです)

 

 

その時また例のおばちゃんが入店してきました

 

 

 

 

 

 

 

「あ、あのおばちゃんが来た」

 

 

 

心の中でそう思うと何か嫌な予感がしました

 

 

 

ああなんということでしょう

 

この世に神様というものはいるのか

なんと無慈悲な世の中なんだ

 

 

この悪い予感は当たってしまうのです

 

 

 

スタバで起きた事件

そして事件がおきます

 

このおばちゃんが僕の前の女の人の横を通ろうとしたその瞬間

 

 

 

 

バシャーーーっとその女の人のコーヒーがこぼれたのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕「おばちゃーーーーーーーーーーーーーん!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ人の女の人「Ohhhhhhhh!!!!! Shhhhhhhiiiittttttt!!!!!!!」

 

 

 

 

おばちゃーーんと叫ぶ日本人の僕

Oh!shit!と叫ぶカナダ人の女性

 

 

 

 

 

店内はカオスです

かなりカオスです

 

 

しかしおばちゃん悪びれる様子なし

女の人のMacbook(多分かなり愛用)命尽き果てる

 

 混乱した店内でそのおばちゃんは何が起こったのか全く分かっていなく、僕がおばちゃんがヘルメットに当たったというのを説明しました

 

 

 

初めて話すことに

ようやくなにが起こったのか理解したおばちゃんはすごい謝って悪そうに感じていました

 

女の人は図書館で勉強するといいその場を離れ、おばちゃんは僕の隣に座りました

 

 

 

肩を落とすおばちゃんに

起こっちゃったことだから仕方ないよと声をかけると

 

ありがとうと一言

 

 

そして名前は何というのか聞かれ、僕もおばちゃんの名前を聞くと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私の名前はアヴァロンだよ。」

 

 

 

 

アヴァロン 、、、、

 

 

爆絶クエストに出てきそうな人と出会ってしまったのです

f:id:sansyokuu:20161103024937j:plain

(引用元:アヴァロン | モンストニュース速報 )

 

 

 

友達になる

お互いの名前を聞いた後はアヴァロンは優しかったです

 

 

チョコをくれたり、僕の英語でのメール文を添削してくれたり

 

 

 

 

「私はここのスタバの常連だからまた来た時は声をかけてね。」

 

アヴァロンはそう言ってバイバイしました

 

 

 

人は見かけにも名前にもよらない

今回の教訓です

ありがとう。アヴァロン。

f:id:sansyokuu:20161103030355j:plain

(引用元:EVANGELION初号機(エヴァンゲリオン)-きたさんち- )

 

 

広告を非表示にする