それ知ってて口に入れてる?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ知ってて口に入れてる?

大学生が学びながら食と産業を結ぶ情報発信。身近なものからそうじゃないものまで、、、を書く予定の雑記

生まれて初めて女の子が部屋にやってきた、、、

カナダ日記 非日常 男女
スポンサーリンク

f:id:sansyokuu:20161023030030p:plain

注意:今回は最高にくだらない記事です。時間がもったないわバカヤローっと怒られるのが怖いので時間に余裕がない人はもうここで「戻る」押しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

みなさん、ここまで読んでるってことはいいんですよね????

僕、忠告しましたからね????

 

 

 

 

まあ今のうちに読者のみなさんを逃がさないようにサッサと本題に入らなければ。

 

 

こうなるまでの経緯

それは金曜日のお話。

もともとは軽くあってコーヒーでも飲んでお話しましょ♪みたいな感じだったんですよ。

 

 

じゃあ、テキトーにお昼過ぎに連絡しますねみたいな感じで話が進んでいて、ブログを読んだり書いたりし始めた僕。

 

 

 

、、、

 

 

 

、、、

 

 

、、、

 

 

ハッ、気づいたらもう16時半だ、、、

 

今から待ち合わせしてなんやかんやしてたらあっという間に夕飯の時間じゃないか、、

 

 

ってことで素直にいろいろしてたら16時半になってたって話をして夕飯を一緒に食べようとなったんですよ。

 

その時は運良く(?)とても寒い日で僕の家ですき焼きをしようとなったんですよ。

 

 

 

そう。僕の家で。

 

 

 

家に着いてから

早速家について料理開始となったんです。

f:id:sansyokuu:20161023032840j:plain

(画僧はイメージです)

 

 

ちなみに僕、中高男子校、東京出身、東京の大学に進学、そうです。

一人暮らしの経験なんてないんです。

ずっと実家で暮らしていて高3まで彼女もいなかったので自分の部屋に女の子を呼んだことなんてない。

むしろ実家だから無理。

 

 

 

 

しかーーーし、今はカナダ!!ルームレント!!!

 

 

 

 

 

部屋は僕だけの空間なんや!!!!!!

 

 

 

食事後お酒を飲んで僕の部屋に

 えっ!?マジでそういう展開なのか?

相手は日本人だからコミュニケーションの問題はない。

 

 

 

いや、しかし僕には日本で待っている彼女が!

いやでもここはカナダ、ばれることはない。

いや、ばれるばれないとかの問題じゃない。自分の問題なんや!

 

でも。女の子が男の部屋に来るっていうことはそういうのOKってことなんじゃ?

むしろ何もしない方が失礼というものなんじゃないか?

 

 

 とか、悩みながらもーーうドキはムネムネ。

f:id:sansyokuu:20161023035153j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘です。実際はこんな感じ↓

f:id:sansyokuu:20161023035228j:plain

もう会話は何も頭に入ってこない。

 

 

どうするべきなんだ、この場合。

 

 

中高でこんな時の対処法なんて教わらなかったぞ(どうした男子校)

 

 

受験勉強でもこんなこと勉強してない。日本史大好きだったけど歴史上の偉人はこういう時どうするんだ、、、

 

薩長同盟で有名な坂本龍馬は薩摩と長州をくっつけて倒幕に乗り出した。

 

くっつける???倒す???

 

 

いや、いかん。いかん。

考えが間違った方向に行ってしまってる。

 

 

会話は何も入ってこないあっという間に時間が経つ

1ミリも会話が入ってこないまま、あっという間に時間は23時頃へ。

 

 

あれ全然時間気にしないなあ。女の子ってそういう生き物なのか??

っとか思ってるとオーナーからメールが

 

「Just a reminder guest should leave by 11pm. Thank you.」

(訳:ゲストが居てもいいのは23時までだからね。間違ってもチョメチョメしようなんて考えるんじゃあないぜえ。)

 

 

 

そうや!!!もう23時!!帰宅を促さないといけない!!!

 

そこで僕が口を開く。

「お時間大丈夫ですか?もう遅いんでこの続きは今度にしましょう。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん!!なんて紳士的!!!素敵!!!!

 

 

 

 

そして帰路へ

もう夜も遅いので近くのバス停まで送ることに。

 

そして少し待っているとバスが来る。

f:id:sansyokuu:20161023042158j:plain

「今日はありがとう!また呼んでね!じゃあね!!」

(画像はイメージです)

 

 

そういうこの子の笑顔は眩しかった。(画像はイメージですが)

 

 

 

 

 

まるで安心したような安堵の表情も僕には感じ取れた。(しつこいようですが画像はあくまでイメージっす)

 

 

 

 

 

あの眩しい笑顔を見れたのだからこの選択は間違いじゃなかった、心からそう思った。

 

 

 

 

 

巷にはLOVE理論なるものがあったり、二人きりなのに何もしないのは女の子に失礼だよなんていう意見もありますが、今回はこれで良かった!!!

 

 

あの笑顔プライスレス!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい!!!!!!!!

広告を非表示にする