それ知ってて口に入れてる?

それ知ってて口に入れてる?

大学生が学びながら食と産業を結ぶ情報発信。身近なものからそうじゃないものまで、、、を書く予定の雑記

アルバイトを探している人へ!アルバイトは自分の足で探すのがオススメ

スポンサーリンク

  f:id:sansyokuu:20170624184834j:plain

 

就職活動も終わり、大学の授業もほとんどない僕。

 

 

夏休みは来年の春休みの長期休みに海外に行きたい僕。

 

 

 

となるとやるべきことは一つ。

 

 

 

 

 

 

 

アルバイト

 

 

 

 

前回の記事でも紹介したPS4も買いたいしやるしかない。


 

 

しかし、アルバイト探しってアルバイトするより面倒ですよね。

でも僕はそんな面倒なことなら思いっきり面倒なことをするのをオススメします。

 

 

アルバイト探しとなるとタウンワークバイトルなどのアルバイト紹介のウェブサイトを使うことも多いかと思います。

 

しかし、色々なアルバイトをしてきた私としては、

自分の足やコネで探すことを圧倒的にオススメします。

 

どうやって探すの?

 知人や友人に紹介してもらう

現在アルバイトをしている知人や友人に話して、その知人・友人経由でアルバイト先の店長と面接を取り付ける方法です。

 

アルバイト先の雰囲気や詳しい内容まで確認できるからいいですよね。

 

 

 

自分で歩いてバイト募集の張り紙を探す

自分の最寄りの駅や近くの駅、はたまた自分の学校の近くなど行きやすい場所を

フラフラ歩いて探す方法です。

 

 

個人経営のお店や規模が小さいお店などはウェブサイトに募集を出すことなく店頭に

張り紙を出していることが多いです。

 

お店を実際に見て雰囲気などを知ることが出来るのでこちらもオススメです。

 

 

 

なぜ自分で探すのがオススメなの?

採用確率がグッと上がります。

 

まず知人や友人の紹介の場合は基本的には採用してくれると思います。

 

 

 

 

 

どこの人間か分からない人を採用するリスクより

実際にもう働いているバイトの人の人脈の方が信用できるからです。

 

 

 

張り紙の場合でもウェブサイトより採用確立は高いと思います。

実際に自分の足で見つけたとなると熱意をアピールできますし、もしその場で一度店長などと顔を合わせることが出来れば面接の際は二回目に対面となるわけです。

 

 

そうなると信用はグッと上がります。

 

 

 

 小さいアルバイト先はオススメ

今まで、パン屋、塾講師、居酒屋、ホテルのブライド、相談室の受付などと

色々なアルバイトを経験してきた僕ですが、規模が小さいアルバイト先がオススメです

 

 

小さいアルバイト先だとよく面倒を見てくれますし、働き手が多くない分一人一人の

裁量も大きくなってきます。

 

 

 

 

ある程度の制約の中で自由にノビノビできますし、色んなことを学べます。

 

 

 

 

以上が僕がアルバイト探しを自分の足で探すことを勧める理由です。

まあ、一番大変なのはアルバイト探しをするやる気を出すことです

 

 

 

 

飲み会の幹事をやるのも大変です


 

 

 

広告を非表示にする