それ知ってて口に入れてる?

それ知ってて口に入れてる?

大学生が学びながら食と産業を結ぶ情報発信。身近なものからそうじゃないものまで、、、を書く予定の雑記

【南米はアツい!】南米を旅行した方がいい3つの理由

スポンサーリンク

  f:id:sansyokuu:20170122013339p:plain

 

一月も気づけば20日あまり過ぎている。

もうすぐ二月、、、

 

 

更新サボっていました。

 

 

 

実は12月にカナダでの留学を終え、その後日本人の友達と南米を旅していました。

 

 

短い時間だったので、チリ、ボリビア、ペルーと回り、訪れるのもウユニ塩湖やマチュピチュなどの超王道ルート。

 

 

そんな南米の旅、結論は

 

 

 

 

 

南米!!!!!すごい!!!!!

 

 

 

 

感動しっぱなしだった僕が、みなさんにも南米旅行をオススメします。

 

自然が!!すごい!!!

みなさんはウユニ塩湖をご存知でしょうか?

日本人の間ではかなり有名ですよね。死ぬまでに一度は見ておきたい景色として色んな旅行のまとめサイトでも取り上げられています。

 

正直僕はあまり期待はしていませんでした。

本当にそんなに見る価値あるのかなっと少し疑っていたと言っても過言ではありません。

 

 

結果としては

f:id:sansyokuu:20170125132241j:plain

 

スゴイ!!!!!!!!!!

 

 

見渡すかぎり空が広がり、キレイに鏡みたいに反射している。

でもウユニは特にかなり天気に左右されます!

曇っているとそんなに綺麗じゃないし、正直。そして寒いです。

 

 

また王道のもう一つ。

マチュピチュ

 

天空の都と呼ばれるマチュピチュ

実際に行くのはけっこう大変だったのですが、

 

f:id:sansyokuu:20170125132715j:plain

 

荘厳!!!!!!!

インカ文明の謎でどのように石が持ち込まれたのかも謎らしいです。

 

 

僕が行った時は雨季で残念ながら天気は曇りだったのですが、それでも雲のかかるマチュピチュはすごかったです。

 

 

他にはペルーのレインボーマウンテンにも行ってきました。

f:id:sansyokuu:20170125133046j:plain

ミネラルを大量に含むこの山は呼び名の通り様々な色を持って見えるのです。

 

 

南米。

とにかく自然がすごい。

 

そこには自然で育まれた絶景がありました。

 

 

ご飯が!!美味しい!!!

南米を歩いているとけっこう屋台をみることがあります。

 

例えばこのハンバーガー。

f:id:sansyokuu:20170125133632j:plain

 

ハンバーグ、フライドポテト、レタスが入っていてお値段は5ボリビアーノ。約83円。。(2017年1月25日現在)

 

ケチャップとマヨネーズの味付けで想像通りの味。

ちなみに南米はポテトの産地で有名でかなりフライドポテトを見るのですが、サクサクということはあまりなく、けっこう油っぽい感じです。笑

 

 

お次はこれ!

f:id:sansyokuu:20170125134234j:plain

f:id:sansyokuu:20170125134110j:plain

エンパナダと呼ばれる揚げパンのようなもの。

サクサクの生地の中には甘辛く味付けされた餡が入っていてもう絶品!

 

お値段は6ボリビアーノ。約100円。(2017年1月25日現在)

これ本当に美味しかったです!激オススメです!

 

 

 

そして小腹が空いたら、こんな串も!

f:id:sansyokuu:20170125134616j:plain

 

これはまさに牛タン串!

味も食感も本当に最高!

お値段は3ヌエボ・ソル。約104円。(2017年1月25日現在)

 

 

 

こんな感じで屋台のご飯を紹介しましたが、くれぐれも腹痛にご注意ください!

火が通っていないものは避け、自家製アイスの屋台なども気をつけてください。お腹の弱い人は避けた方がいいかもしれません。

 

 

 

物価が!!安い!!!

さきのご飯で載せたように食事や宿の物価が安いです。

 

 

だいたい食事は一食200~300円ぐらい。

 

宿は一泊500~1500円ぐらいでゲストハウス、ドミトリーが泊まれます。

 

 

僕はカナダのトロントにいたので比べると本当に物価は安かったです。

 

 

 

まとめ 

南米!!!

自然が好きな人、絶景が見たい人オススメです!

 

 

 ただ発展途上国なので常に用心していないといけないので気づかれはしますが、普段の日本と全然違う世界に感動することばかりでした!

 

 

広告を非表示にする